1438神奈川県警察藤沢警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

神奈川県藤沢市のうち、片瀬1~5丁目、片瀬海岸1~3丁目、片瀬山1~5丁目、片瀬目白山、江の島1・2丁目、鵠沼、鵠沼海岸1~7丁目、鵠沼松が岡1~5丁目、鵠沼桜が岡1~4丁目、鵠沼藤が谷1~4丁目、本鵠沼1~5丁目、鵠沼石上1~3丁目、南藤沢、鵠沼東、鵠沼花沢町、鵠沼橘1・2丁目、片瀬、堂1~6丁目、堂元町1~6丁目、堂太平台1・2丁目、堂東海岸1~4丁目、堂西海岸1~3丁目、弥勒寺、弥勒寺1~4丁目、宮前、小塚、高谷、渡内、渡内1~4丁目、柄沢、村岡東1~4丁目、川名、川名1・2丁目、藤沢1~5丁目、朝日町、本町1~4丁目、西富、西富1・2丁目、大鋸、大鋸1~3丁目、藤が岡1~3丁目、鵠沼神明1~5丁目、藤沢(国道1号線南側)、堂神台1・2丁目、堂新町1~4丁目、羽鳥1~5丁目、城南1~5丁目に古物商の営業所を設置する場合は、藤沢警察署で古物商許可申請をします。

 

藤沢とは?

藤沢とは、神奈川県にある市の名称です。藤沢(ふじさわ)の由来は非常に古く、古代時代は現在の東海道付近までが海だったと考えられており、約1万9500年前の地層から日本最古の炭化した木片が藤沢用田バイパス用地から出土しました。建造物の柱に使われていたと考えられています。また、日本書紀には天武4年(675年頃)に高座郡の記載があります。藤沢の名称の由来については不詳ですが、富士見沢や淵沢からの転訛したという仮説があります。時代が下って江戸時代になると、慶長6年(1601年)に東海道が開設され藤沢宿として宿場町の歴史が始まりました。明治時代になると、明治11年(1878年)の郡区町村編制法により、藤沢に高座郡役所が設置されました。明治22年(1889年)の町村制施行では、高座郡に藤沢大坂町、鵠沼村、御所見村、六会村、明治村が、鎌倉郡に藤沢大富町、川口村、村岡村が、それぞれ発足しました。その後、明治41年(1908年)に藤沢大坂町、鵠沼村、明治村が合併して「高座郡藤沢町」が発足しています。昭和15年(1940年)に市制を施行し「神奈川県藤沢市」となりました。その後も、村岡村、六会村、片瀬町、小出村大字遠藤、御所見村、長後、高倉を編入して現在に至っています。近年では、平成11年(1999年)に市北部の湘南台に、相鉄いずみ野線と横浜市営地下鉄ブルーラインが、それぞれ延伸して開業し、発展を続けています。

 

藤沢警察署へのアクセス

藤沢警察署

最寄り駅は、小田急江の島線本鵠沼駅です。西口正面の路地を西へ出てすぐの突き当たり丁字路を右方向へ北上します。350mほど進んだ「藤沢警察署前」信号先の左側です。徒歩5分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

藤沢警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼四丁目1番8号
電話:0466-24-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/66ps/66_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら