1430神奈川県警察横須賀警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

神奈川県横須賀市のうち、安針台、吉倉町、西逸見町、山中町、東逸見町、逸見が丘、坂本町、汐入町、本町、稲岡町、楠ケ浦町、泊町、猿島、新港町、小川町、大滝町、緑が丘、若松町、日の出町、米が浜通、平成町1~3丁目、安浦町、三春町、富士見町、田戸台、深田台、上町、不入斗町、鶴が丘1・2丁目、平和台、汐見台1~3丁目、望洋台、佐野町、公郷町、衣笠栄町、金谷1~3丁目、阿部倉、池上1~7丁目、平作1~8丁目、小矢部1~4丁目、衣笠町、大矢部1~6丁目、森崎1~6丁目、長井1~6丁目、林1~5丁目、須軽谷、武1~5丁目、山科台、太田和1~5丁目、荻野、長坂1~5丁目、御幸浜、佐島1~3丁目、佐島の丘1・2丁目、名1・2丁目、芦名3丁目、秋谷、秋谷1~4丁目、子安、湘南国際村1~3丁目に古物商の営業所を設置する場合は、横須賀警察署で古物商許可申請をします。

 

横須賀とは?

横須賀とは、神奈川県にある市の名称です。横須賀(よこすか)署の由来は三浦半島という地勢的理由から非常に古く、約2万年前から人が住んでいたと考えられ、縄文時代の貝塚も発見されています。中世は三浦氏、戦国時代は北条氏が支配した後、徳川家康の領地となりました。江戸時代は海路での江戸の玄関口となったことから奉行所や燈明堂が置かれ、享保5年(1720年)に浦賀奉行所が置かれました。時代が下って明治時代になると、明治9年(1876年)に横須賀村と浦賀村が町制を施行しています。2年後の明治11年(1878年)郡区町村編制法施行では、現在の市域は三浦郡となり横須賀町に郡役所が設置されました。明治39年(1906年)に横須賀町と豊島町とが合併し、翌年の明治40年(1907年)に市制を施行し横須賀市となっています。その後も市域は広がり、昭和8年(1933年)に田浦町と衣笠村を編入、4年後の昭和11年(1937年)には久里浜村を編入しています。さらに、昭和18年(1943年)には浦賀町、大楠町、武山村、北下浦町、逗子町、長井町を編入して現在の市域となりました。平成19年(2007年)には市制施行100年を迎え、現在も発展を続けています。

 

横須賀警察署へのアクセス

最寄り駅は、京浜急行横須賀中央駅です。東口ロータリーを正面に出て直進します。200mほど進むと国道16号線と交差する「日の出町一丁目」の信号にでますので、そのまま直進します。さらに200m進むと「よこすか海岸通り」と交差する「新港町」の信号がありますので、信号先の右側です。徒歩6分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

横須賀警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒238-0004 神奈川県横須賀市新港町1番地10
電話:046-822-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/57ps/57_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら