1419神奈川県警察泉警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

横浜市の泉区の全域に古物商の営業所を設置する場合は、泉警察署で古物商許可申請をします。

 

泉とは?

泉とは、神奈川県横浜市にある区の名称です。泉(いずみ)区の由来は比較的新しく、昭和61年(1986年)に発足した区です。しかし、地域としての歴史は非常に古く、縄文時代の遺跡が境川、阿久和川、和泉川、宇田川の丘陵に分布していますし、上飯田町柳明遺跡からは横穴墓が発見されています。律令時代は相模国鎌倉郡で広域での鎌倉でした。鎌倉時代になると郡内に鎌倉街道が通るようになり、新田義貞の鎌倉攻めは「たつ道」を通った(現在の横浜市道環状4号線)であったといわれています。江戸時代には、岡津城に「岡津陣屋」がおかれて彦坂元正が代官を務め、柏尾町から大山に至る「柏尾通大山道」が通って多くの大山詣での行者で賑わいました。明治時代になると、明治22年(1889年)の町村制により、秋葉村・阿久和村・岡津村・上矢部村・名瀬村が合併して「神奈川県鎌倉郡中川村」が発足し、高座郡今田村と上和田村の飛び地および、上飯田村・下飯田村・中田村が合併して「鎌倉郡中和田村」が誕生しました。昭和14年(1939年)に、中川村・中和田村は鎌倉郡の戸塚町・川上村・瀬谷村・大正村・豊田村・長尾村・本郷村と共に横浜市に編入されて、「横浜市戸塚区」となりました。このときの戸塚区は旧相模国が旧武蔵国に編入された旧国境を越えるものでした。昭和51年(1976年)に相鉄いずみ野線「いずみ野」駅が開業、昭和61年(1986年)にそれまで戸塚区中和田支所管轄だった地域が分区して「泉区」となりました。平成2年には泉区役所最寄りの「いずみ中央」駅が開業しています。

 

泉警察署へのアクセス

最寄り駅は、相模鉄道(相鉄)いずみ野線いずみ野駅です。南口の正面ロータリーを右方向に出ます。ひとつ目の「いずみ野駅南口入口」信号に出ますので左折して南下します。150mほど進むと「泉警察署前」信号に出ますので交差点先角の左側です。徒歩3分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

泉警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒226-0014 神奈川県横浜市泉区和泉町5867番地の26
電話:045-805-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/92ps/92_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら