1410神奈川県警察保土ケ谷警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

横浜市の保土ケ谷区の全域に古物商の営業所を設置する場合は、保土ケ谷警察署で古物商許可申請をします。

 

保土ケ谷とは?

保土ケ谷とは、神奈川県横浜市にある区の名称です。保土ケ谷(ほどがや)の由来は非常に古く、縄文時代の遺跡が帷子川や大岡川両岸の台地から発見されています。また、瀬戸ヶ谷から保土ヶ谷駅までの付近一帯には飛鳥時代の大規模な古代遺跡がありました。保土ヶ谷の名称は、鎌倉時代に支配していた畠山重忠一族である榛谷重朝(はんがやしげとも)が、伊勢神宮に寄進した所領(荘園)が「榛谷御厨」(はんがやみくりや)と呼ばれたことから、「はんがや」から「ほどがや」転化したという説があります。また「ホドガヤ」の「ホト」は、凹地などの窪んだ場所という意味の古語であり、「ホトような谷」という意味から付けられたという説もあります。現在は「保土ケ谷」(保土ヶ谷ではない)が正式名称ですが、かつては「保土谷」「程ヶ谷」「程谷」「ほどが谷」などとも表記されました。室町時代末期には後北条家の台頭により、小机城主の北条氏尭が治めていました。江戸時代になると、慶長6年(1601年)に東海道の程ヶ谷宿が整備され、以降東海道筋の宿場町として栄えました。時代が下って明治時代になると、明治6年(1873年)の区番組制、翌年の大区小区制によって横浜市の区部となりましたが、明治11年(1878年)の郡区町村編制法で区が廃止され橘樹郡保土ヶ谷町に戻ります。その後、明治22年(1889年)の町村制施行によって「保土ケ谷町」が発足しました。なお、明治20年(1887年)には東海道線が開通し「程ヶ谷駅」が開業しています。明治44年(1911年)に、現在の保土ケ谷区のほぼ全域が横浜市に編入されます。さらに時代が下って昭和2年(1927年)に保土ケ谷区が成立し「横浜市保土ケ谷区」となりました。

 

保土ケ谷警察署へのアクセス

最寄り駅は、相模鉄道(相鉄)本線星川駅です。北口を出て帷子川に掛かる橋を渡ります。正面突き当たりが「保土ヶ谷区役所」と「保土ヶ谷消防署」ですので、右折して「保土ヶ谷区役所前」信号の丁字路に進みます。信号を左折して100mほど進んだ左側です。徒歩2分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

保土ケ谷警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒240-0001 神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町2番地の7
電話:045-335-0110
http://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/40ps/40_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら