1130埼玉県警察行田警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

埼玉県行田市の全域に古物商の営業所を設置する場合は、行田警察署で古物商許可申請をします。

 

行田とは?

行田とは、埼玉県の北部にある市の名称です。行田(ぎょうだ)の由来は非常に古く、古墳時代の遺跡として稲荷山古墳があり金錯銘鉄剣が出土してます。また「万葉集」にある「さきたまの津」という記述が行田市大字埼玉を指しており、埼玉県という地域名の発祥の地とされています。この埼玉の由来については、律令時代の「風土記」にも「武蔵国埼玉郡」(さきたまごおり)と書かれています。室町時代になると文明10年(1478年)に成田正等が忍城を築城して支配しました。忍城に関連しては、豊臣秀吉の小田原征伐の際に石田三成と戦った「忍城の戦い」が有名です。江戸時代になると、松平氏の10万石の城下町として、また中山道の裏街道宿場町として栄えました。明治時代になると、明治22年(1889年)の町村制施行で北埼玉郡行田町、成田町、佐間村が合併して、忍町が誕生します。昭和12年(1937年)には北埼玉郡の長野村、星河村、持田村が忍町に編入しました。戦後の昭和24年(1949年)に忍市として単独で市制施行し、そのまま改称して埼玉県行田市となります。その後も、昭和29年(1954年)に荒木村、北河原村、須加村、埼玉村を編入し、翌年の昭和30年(1955年)には星宮村と太井村の一部を編入、さらに翌年の昭和31年(1956年)に吹上町の一部、昭和32年(1957年)に太田村が編入しています。さらに時代が下って平成になると、平成18年(2006年)には南河原村が編入して行田市となり現在の市域となっています。

 

行田警察署へのアクセス

最寄り駅は、秩父鉄道行田市駅です。南口を出て正面ロータリーを真っ直ぐ南下します。国道125号線を越えて埼玉県道77号線を700mほど進むと「高源寺」信号に出ますので左折して東進、さらに700mほど進んで「忍川」を越えた右側の「行田市消防本部・消防署」手前です。徒歩18分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

行田警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒361-0023 埼玉県行田市大字長野4195番地1
電話:048-553-0110
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenke/kesatsusho/gyoda/

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら