1125埼玉県警察本庄警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

埼玉県本庄市のうち、千代田1~4丁目、若泉1~3丁目、中央1~3丁目、銀座1~3丁目、本庄1~4丁目、東台1~5丁目、日の出1~4丁目、南1・2丁目、前原1・2丁目、柏1・2丁目、栄1~3丁目、小島南1~4丁目、小島1~6丁目、寿1~3丁目、駅南1・2丁目、けや木1~3丁目、見福1~5丁目、緑1~3丁目、いまい台1~3丁目、朝日町1~3丁目、五十子1~3丁目、四季の里1~3丁目、下野堂1~3丁目、万年寺1~3丁目、早稲田の杜1~5丁目、字高畑、字仙南、字新田、字篭瀬、字花ノ木、字城下、字下河原、字梅沢、字諏訪新田、字坂下、鵜森、傍示堂、牧西、小和瀬、宮戸、堀田、滝瀬、仁手、下仁手、久々宇、田中、上仁手、都島、山王堂、沼和田、小島、下野堂、杉山、新井、北堀、栗崎、西五十子、東五十子、東富田、西富田、四方田、今井、共栄と、児玉郡上里町に古物商の営業所を設置する場合は、本庄警察署で古物商許可申請をします。

 

本庄とは?

本庄とは、埼玉県の北西部にある市の名称です。本庄(ほんじょう)の由来は非常に古く、石器時代の遺物が出土しており、また縄文期、弥生期、古墳期の遺跡もあります。とくに鷺山古墳は4世紀中頃(333年~366年)に遡るほど古く、埼玉県内でも最古級でありかつ最大の前方後方墳として知られています。律令時代になると、平安時代には武蔵七党の一つである児玉党が支配し、鎌倉時代に児玉党党首だった庄氏から派生した本庄氏が定着したことが地名の由来となっています。戦国時代には小笠原氏の城下町となり本庄藩がありました。江戸時代になると、中山道が整備され本庄宿が設置されましたが、この本庄宿は中山道一の規模を誇る宿場として賑わいました。時代が下って明治時代になると、明治22年(1889年)の町村制施行で本庄宿から児玉郡本庄町となります。戦後の昭和29年(1954年)に児玉郡の本庄町、旭村、北泉村、仁手村、藤田村が合併して市制を施行し、埼玉県本庄市となりました。その後も3年後の昭和32年(1957年)に児玉郡共和村の一部を編入しています。またさらに平成になると、平成18年(2006年)に本庄市と児玉郡児玉町とが合併し本庄市となりました。

 

本庄警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR高崎線本庄駅です。北口ロータリーを正面に出て埼玉県道142号線を北上します。「熊谷公共職業安定所本庄出張所」を左手に見ながら、「本庄市役所」を右手に見ながら800mほど進んだ右側です。徒歩10分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

本庄警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒367-0051 埼玉県本庄市本庄四丁目2番7号
電話:0495-22-0110
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenke/kesatsusho/honjo/

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら