1109埼玉県警察武南警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

埼玉県川口市のうち、大字安行領根岸の芝川左岸地域、大字安行領在家、大字道合、大字神戸、大字木曽呂、大字東内野、大字源左衛門新田、大字石神、大字赤芝新田、大字西新井宿、大字新井宿、大字赤山、大字赤井、赤井1~4丁目、大字東本郷、東本郷1・2丁目、本蓮1~4丁目、大字蓮沼、江戸袋1・2丁目、江戸1~3丁目、大字前野宿、大字東貝塚、大字大竹、大字峯、大字新堀、新堀町、大字榛松、榛松1~3丁目、大字安行、大字安行吉岡、大字安行藤八、大字安行吉蔵、大字安行北谷、大字安行小山、大字安行西立野、大字安行原、大字安行領家、安行出羽1~5丁目、大字安行慈林、大字戸塚、東川口1~6丁目、戸塚1~6丁目、戸塚東1~4丁目、戸塚鋏町、戸塚境町、戸塚南1~5丁目、大字藤兵衛新田、大字行衛、北原台1~3丁目、大字差間、差間1~3丁目、大字西立野、大字長蔵新田、長蔵1~3丁目、大字久左衛門新田、坂下町1~4丁目、桜町1~6丁目、大字里、大字辻、鳩ヶ谷本町1~4丁目、大字前田、大字三ツ和、鳩ヶ谷緑町1・2丁目、南鳩ヶ谷1~8丁目、八幡木1~3丁目、三ツ和1~3丁目に古物商の営業所を設置する場合は、武南警察署で古物商許可申請をします。

 

武南とは?

武南とは、埼玉県の南部にかつて誕生予定であった市の名称です。一時は川口市と鳩ヶ谷市、蕨市が合併する際の新市の名称として決定していました。元々の経緯は、昭和58年(1983年)に川口市、草加市、戸田市、鳩ヶ谷市、蕨市の5市が「埼玉県南5市まちづくり協議会」を設置し、合併構想の研究を開始したところから始まります。時代が下って平成となり、平成14年(2002年)に川口市、鳩ヶ谷市、蕨市の3市による「川口市・蕨市・鳩ヶ谷市合併協議会」が設置され、翌年の平成15年(2003年)に法定合併協議会となりました。さらに翌年の平成16年(2004年)に新市名を公募したところ、「川口市」が第1位でしたが協議会内部で「武南市」を推す声が強かったため決選投票をすることになり、その結果「武南市」となりました。これを受けた川口市臨時市議会では、決選投票の結果が民意無視として合併協議離脱を決議し、さらに蕨市で実施予定だった住民投票が中止となり、川口市が正式に合併協議から離脱、合併協議会が解散した経緯があります。
そもそも武南(ぶなん)の由来としては古く、「武蔵国の南」を意味していますが、実際の武蔵国の南部は現在の東京都や神奈川県にあたるため、武南とは現在の埼玉県内における武蔵国の南部というニュアンスが強い呼び方です。「武南」の使われ方としては、先述の合併が協議された3市地域を呼称する広域地名として使われ、高校や中学校、病医院などがあります。

 

武南警察署へのアクセス

最寄り駅は、埼玉高速鉄道線鳩ヶ谷駅です。ロータリーを正面に出てひとつ目の路地を左折します。50mほど進んで埼玉県道34号線と交差する丁字路を左折、「パラッツオ鳩ヶ谷店」を左手に見ながら100mほど進んだ国道122号線と交差する「鳩ヶ谷歩道橋」信号手前の左側です。徒歩3分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

武南警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒334-0004 埼玉県川口市大字辻1010番地の2
電話:048-286-0110
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenke/kesatsusho/bunan/

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら