1010群馬県警察館林警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

群馬県館林市と、邑楽郡のうち板倉町と明和町に古物商の営業所を設置する場合は、館林警察署で古物商許可申請をします。

 

館林とは?

館林とは、群馬県の南東部にある市の名称です。館林(たてばやし)の由来は非常に古く、約2万年前の石器が発見され人が定住していたことが分かっています。律令時代は邑楽郡で、中世は赤井氏、長尾氏、由良氏が支配しました。江戸時代は館林城の城下町で、後に五代将軍となる徳川綱吉が城主だったこともあります。延宝9年(1681年)に当時の城主だった徳川徳松の健康回復を願ってのお参りが七五三の起源で、現在では日本全国に風習として広まっています。また分福茶釜の話で有名な茂林寺も館林にあり、境内には狸の焼き物が並んでいます。明治時代になると、明治4年(1871年)の廃藩置県で館林県が設置されましたが、同年栃木県に編入。5年後の明治9年(1876年)に岩倉具視からの達しで群馬県となりました。明治22年(1889年)の町村制施行で館林町、赤羽村、大島村、郷谷村、多々良村、三野谷村、六郷村、渡瀬村が成立します。時代が下って戦後の昭和29年(1954年)に館林町、赤羽村、大島村、郷谷村、多々良村、三野谷村、六郷村、渡瀬村が合併して市制を施行し「群馬県館林市」となりました。平成26年(2014年)には市制施行60周年を迎えています。

 

館林警察署へのアクセス

最寄り駅は、東武伊勢崎線の茂林寺前駅です。出口を出て線路沿いの路地を北上します。700mほどで国道354号線と交差しますので右折。国道354号線(東国文化歴史街道)を東進して東北自動車道方面に向かいます。2.5kmほど進むと群馬県道362号線と交差する「羽附」信号に出ますので右折。400mほど南下した右側です。タクシーで10分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

館林警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒374-0013 群馬県館林市赤生田町1828番地2
電話:0276-75-0110
http://www.police.pref.gunma.jp/gp/police/tatebayashi/

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら