1007群馬県警察伊勢崎警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

群馬県伊勢崎市と佐波郡玉村町の全域に古物商の営業所を設置する場合は、伊勢崎警察署で古物商許可申請をします。

 

伊勢崎とは?

伊勢崎とは、群馬県の南部にある市の名称です。伊勢崎(いせさき)の由来は古く、かつては「赤石」と呼ばれていました。天正9年(1581年)に赤石城が由良成繁によって攻め落とされます。このときに赤石郷の一部を伊勢神宮に寄進し、伊勢宮を守護神として奉りました。以来、「伊勢の前」(いせのさき)と呼ばれるようになったものが転じて、「伊勢の崎」「伊勢崎」になったとされています。古くから絹の生産が盛んで「伊勢崎銘仙」という絹織物が有名です。時代が下って明治になると、明治22年(1889年)の町村制施行で佐位郡伊勢崎町が成立します。7年後の明治29年(1896年)に佐位郡と那波郡が合併して、佐波郡となりました。鉄道の開通も早く、明治43年(1910年)には東武伊勢崎線の伊勢崎駅が開業しています。時代が下って昭和15年(1940年)に佐波郡伊勢崎町、殖蓮村、茂呂村が合併して市制を施行し、群馬県伊勢崎市となりました。戦後も昭和30年(1955年)に佐波郡三郷村、豊受村、名和村、宮郷村を編入しています。さらに時代が下って平成になっても、平成17年(2005年)に伊勢崎市と佐波郡赤堀町、境町、東村とが合併して伊勢崎市となっています。2年後の平成19年(2007年)には人口が20万人を超えて特例市に移行しました。また、平成26年(2014年)には「田島弥平旧宅」が「富岡製糸場と絹産業遺産群」とともに世界遺産に登録されました。

 

伊勢崎警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR両毛線、東武伊勢崎線の伊勢崎駅です。北口を出て正面ロータリー前の道をまっすぐ北上します。「桐生工業伊勢崎工場」を左手に見ながら1kmほど進み、群馬県道73号線となる2つ目信号を右折します。途中「八幡町」信号から群馬県道73号線となりますがそのまま東進し、「粕川」を越えて国道462号線と交差する「鹿島町南」信号に出ます。「鹿島町南」信号を右折して50mの右側です。徒歩20分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

伊勢崎警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒372-0015 群馬県伊勢崎市鹿島町534番地1
電話:0270-26-0110
http://www.police.pref.gunma.jp/gp/police/isesaki/

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら