M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所
日本に入国しようとする外国人は自国政府の発給する有効なパスポートに、日本国政府の発給する査証ビザを受けたものを所持する必要があります。
【 2018年12月16 13:58 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

個人法務

日本のビザ(査証)制度について (コンサルティングBU) | M&Aなら新日本総合事務所

「査証(ビザ)」について<・h2>

「出入国管理及び難民認定法」に基づき、日本に入国しようとする外国人は、原則として、自国政府の発給する有効な旅券(パスポート)に、日本国政府の発給する査証(ビザ)を受けたものを所持する必要があります。

査証は、外国人の日本への入国及び滞在が差し支えないことを示すものです。また、査証を所持していることはあくまでも入国の要件の一つであり、入国を保証するものではありません。

査証は、外国にある日本国大使館または総領事館において発給されます。
#注意:日本に到着した後に取得することはできません。

「上陸許可」について

入国審査官は、日本に入国しようとする外国人に対して、「出入国管理及び難民認定法」に定める入国の要件を満たしているかを審査します。要件には、旅券や査証の有効性、入国目的、滞在予定期間が含まれます。要件を満たしている場合、入国審査官は、外国人に対して「上陸許可」を与えます(旅券上に証印をします)。

「上陸許可」の証印には、日本で行うことのできる活動等を示す「在留資格」、日本に滞在することのできる期間である「在留期間」などが表示されます。

査証は、「上陸許可」が与えられた時点で使用済み(#注意)とされ、外国人の日本滞在の根拠は「上陸許可」になります。
#注意:数次有効な査証は、有効期間満了まで使用済みとはなりません。

俗にいう「ビザの切り替え」「ビザの延長」は、法律上それぞれ「在留資格の変更」「在留期間の更新」にあたり、法務省(地方入国管理局)において申請を受け付けます。

日本査証(VISA/ビザ)取得の情報はこちらからどうぞ

査証(VISA)取得
査証(ビザ)申請手続
在留資格認定証明書
ビザ(査証)申請から取得までの流れ
就業(投資経営法律会計技術)ビザ
一般(留学研修文化活動就学)ビザ
特定(日本人永住者配偶者特定活動定住者)ビザ
短期滞在ビザ
医療滞在ビザ
外交・公用ビザ
各外国語ページはこちらからどうぞ

English English  Français Français  Español Español  Italiano Italiano